高校ビッグ3の一角である藤平尚真(横浜高校)がプロ志望届を提出した。

藤平は甲子園が終了後にU-18侍ジャパンの一員としてBFAU-18アジア選手権に参加。

投手としての出場はスーパーラウンド韓国戦の最終回のみで1/3回無失点とほぼ登板をしなかった。野手としては7打数ノーヒットで2打点の成績を残している。

横浜高校は国体に出場できなかったためこの大会が藤平の高校生活最後の試合となった。

プロ志望届を提出した藤平は各球団がマークしておりドラフト1位が予想される。

寺島成輝(履正社)、高橋昂也(花咲徳栄)、今井達也(作新学院)に続き藤平がプロ志望届を提出したことで高校ビッグ3+1が全員プロに進むのは確実となった。

▼関連動画

こちらの記事に関連するタグ

1004fujihira
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事