戦国東都と呼ばれる東都大学野球秋季リーグ1部リーグが本日10月5日ににも行われている。

中央大学対国学院大学の1戦ではプロ志望届を出している2名の選手が出場した。

中央大学のショート松田進と國學院大學の指名打者久保田昌也だ。

6番ショートで出場した松田は4打数1安打、4番指名打者の久保田は3打数ノーヒットと打撃で目立った点はなかった。

国学院久我山高校から中央大学に進んだ松田は大卒ショート豊作の年ということもあり分が悪い。
吉川尚樹(中京学院大学)、京田陽太(日本大学)、石井一成(早稲田大学)と比べると見劣りするが開始名ならプロ入りはあり得る。守備、走塁でみせたい。

久保田は全体的に打撃型の選手だが本日は不発。しかし、昨日の試合では2安打2打点と好調だった。次戦に期待したい。

【試合結果】
中大2-5國學院大

【注目選手】
松田進(中大)4打数1安打
久保田昌也(國學院大)3打数0安打

こちらの記事に関連するタグ

totoleg
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事