今秋のドラフトで注目されている明治大学の柳裕也。その柳の1学年下にも注目の投手がいる。現在、明治大学の3年生である齋藤大将だ。

氏名:齋藤大将(さいとうひろまさ)
守備:投手
投打:左投左打
所属:明治大学
出身:桐蔭学園高校

齋藤は中学時代ボーイズで活躍しており世界野球大会にも出場している。中学卒業後は神奈川県の名門である桐蔭学園に入学するが甲子園の出場はなかった。

甲子園まで最も迫ったのは齋藤が2年生の夏だった。夏の甲子園神奈川県予選決勝まで勝ち進んだものの桐光学園に4-11で敗れ甲子園には届かなかった。この時の桐光学園のエースは松井裕樹(現楽天)だった。齋藤は松井に投げ負けたのだ。

明治大学に進学後はリリーフとして活躍し3年春から先発も行っている。3年生ながら日本代表に選ばれた日米大学野球選手権では3試合にリリーフとして登板し無失点と好投。最終戦では延長10回表に登板し打者2人から空振り三振を奪い見事勝利投手に輝いた。

柳裕也、星知弥ら上級生が引退すれば齋藤は第1戦の先発を任されるようになるだろう。明治のエースとして1年間結果を残すことができれば自ずとプロ入りへの道は開けるはずだ。

来年以降の齋藤の活躍をに期待したい。

▼関連動画

こちらの記事に関連するタグ

1005saito
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事