10月5日のロッテ対楽天戦で今シーズンのパ・リーグ全日程が終了した。

同時に打撃タイトルも確定した。

【首位打者】角中勝也(ロッテ)打率.339
【最多本塁打】レアード(日本ハム)39本
【最多打点】中田翔(日本ハム)110打点
【最多盗塁】金子侑司(西武)糸井嘉男(オリックス)53個
【最多安打】角中勝也(ロッテ)178本
【最高出塁率】柳田悠岐(ソフトバンク)出塁率.446

角中は自身2度目の首位打者に輝いた。打率3割超も首位打者を獲得した2012年以来。

本塁打、打点は優勝した日本ハムのレアード、中田が獲得。CSへ向けて前祝いだ。

最多盗塁は金子と糸井が分け合った。糸井は35歳以上で50盗塁を記録したのは福本豊(阪急)以来史上2人目。

柳田はケガで後半欠場するも2年連続での最高出塁率を獲得した。

パ・リーグ打者
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

NPBに関する記事

お勧め記事

新着記事