10月5日のロッテ対楽天戦で今シーズンのパ・リーグ全日程が終了した。

同時に投手タイトルも確定した。

【最優秀防御率】石川歩(ロッテ)防御率2.16
【最多勝利】和田毅(ソフトバンク)15勝
【最高勝率】和田毅(ソフトバンク)勝率.750
【最多セーブ】サファテ(ソフトバンク)43S
【最優秀中継ぎ】宮西尚生(日本ハム)42HP
【最多奪三振】則本昂大(楽天)216奪三振

石川は年間を通じて安定した投球を見せ初のタイトル獲得。

メジャーから復帰1年目の和田は最多勝と最高勝率を同時獲得。

サファテは2年連続の最多セーブ。
宮西は意外にも初のタイトル獲得となった。

則本は3年連続奪三振王のタイトルを獲得。
同時に投球回数も3年連続最多となっている。

パ・リーグ投手
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

NPBに関する記事

お勧め記事

新着記事