オリックスは即戦力投手を1位指名へ!

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

今シーズン再開に終わったオリックスはスカウト会議で指名選手の順位付けを行った。

現場を預かる福良淳一監督は即戦力となる第そう、社会人の先発投手を希望していると見られ将来性重視の高校生は回避する模様だ。

大方の予想では1位に寺島成輝(履正社)だったが寺島を回避し田中正義(創価大)、佐々木千隼(桜美林大)、柳裕也(明治大)、山岡泰輔(東京ガス)らを1位候補としてリストアップしていることが見込まれる。競合必至となるが競合した場合の抽選は福良監督が引く予定。

今年は2巡目のトップがオリックスということもあり上位13人を指名できる強みもあり即戦力投手を2人獲得する方針だ。

最下位から脱出するために即戦力投手を獲得しローテーションを組み直す。

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事