プロ野球ドラフト会議まで1ヶ月足らずとなった。そのドラフト会議とは一体なんなのか?を今さら聞けないという方のためにまとめてみた。ドラフト会議の前に予習をしておくとドラフトが100倍楽しくなるに違いない。

ドラフト制度とは?

一言で”ドラフト”と呼んでいるがそもそもドラフトとはなにか?ということから説明しよう。正式名称は新人選手選択会議となっており日本では1965年から始まった。中身はこれからプロ野球の世界に入る選手を各球団に振り分けるための会議である。

ドラフト会議が行われる前は完全に自由競争となっており選手は好きな球団に入ることが出来た。しかし、一部の球団に有力選手が偏ってしまうと興行が成り立たなくなること及び契約金の高騰などの理由でドラフト会議が始まったのだ。

アメリカのNFLがプロスポーツで最初にドラフトを用いたと言われておりMLBもドラフト制度を用いている。他の競技に目を向けてみるとサッカー界はドラフトが行われておらず欧州、日本共に完全自由競争だ。

こちらの記事に関連するタグ

draft100
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事