9月上旬に韓国釜山で行われた第7回WSBC女子野球ワールドカップでマドンナジャパンこと侍ジャパン女子代表が前人未到の5連覇を達成した。

その軌跡を振り返ってみたい。

前評判は日本の圧倒的有利!対抗はアメリカ!

2008年からワールドカップ4連覇中という実績もありマドンナジャパンの存在感は圧倒的だった。対抗馬のアメリカと決勝で3大会連続で当たるであろう。というのが大方の味方だったはずだ。

オープニングラウンドでマドンナジャパンはカナダ、オランダ、インドと同グループに入った。過去の実績でいうと頭ひとつどころではなく飛び抜けた存在だ。オープニングラウンドで唯一カナダが対抗できるかどうかと言った前評判だった。

しかし、油断はならない。女子野球のレベルは世界各国で上がってきているのだ。

こちらの記事に関連するタグ

wbscjyoshi
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事