九州六大学野球を制したのは23季ぶりの北九州市立大学!

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

北九州市立大学が九州大学に8-1で勝利し平成17年春季リーグ以来23季ぶりの優勝を決めた。

春季リーグを制した九州国際大はまさかの6位が決定。

北九州市立大学は10月15日からヤフオクドームで行われる九州大学野球選手権大会決勝トーナメント出場が決定。福岡六大学野球連盟、九州地区大学野球連盟の上位チームと明治神宮大会の切符1枚をかけて争う。北九州市立大学は初の神宮大会出場を目指す。

2位は西南学院大学となり九州大学野球選手権大会予選トーナメントに出場となる。

北九州市立大学は中田賢一(ソフトバンク)、平田真吾(DeNA)を輩出しているが今年度のプロ志望届提出者は不在。もっとも九州六大学野球連盟からのプロ志望届提出者は現状出ていない。

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事