中日のセットアッパー又吉克樹が来シーズン先発に転向するという。

又吉は2014年に四国アイランドリーグplusの香川オリーブガイナースからドラフト2位で中日に入団し1年目から67試合に登板するなど中継ぎとして大車輪の活躍を見せている。

今シーズンも又吉は62試合に登板し入団3年連続で60試合以上に登板している。

森繁和新監督は又吉をフェニックス・リーグで先発起用する意向だ。

これは浅尾拓也と同じ道だ。2008年に中継ぎで結果を残した浅尾は翌2009年の開幕投手を務めるなど驚きの先発転向を行ったのだ。先発を経験した後に浅尾は再びセットアッパーとなり大活躍しMVPまで獲得したのは記憶に新しい。

又吉も浅尾になれるのか。先発転向は浅尾のようになれというメッセージかもしれない。

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事