10月28日からメキシコで開催される第1回U23W杯の侍ジャパンに阪神から2名が選出された。

歳内宏明、植田海の2名だ。

歳内は2012年の高卒ルーキーシーズンから一軍で登板し4年目の2015年に中継ぎとして定着。今シーズンは50試合登板を目標に掲げていた。しかし、4月後半に抹消されて以降一度も一軍昇格のチャンスは巡ってこなかった。侍ジャパンで結果を出し来シーズンに繋げたい。

植田は今シーズン最後の最後で一軍昇格を果たした。自慢のスピードを魅せることはできなかったが来シーズン以降の一軍定着へ向け侍ジャパンで全力を尽くす。

<歳内宏明・今シーズン成績>
(一軍)9試合/0勝0敗2H/17回2/3/3奪三振/5四球/防御率3.00
(二軍)12試合/2勝2敗/17回2/3/10奪三振/8四球/防御率4.58

<植田海・今シーズン成績>
(一軍)1試合/打率.000/0本/0打点/0盗塁
(二軍)76試合/打率.168/0本/13打点/12盗塁

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事