掲載日: 文章:寄稿

【CS・パ】ソフトバンクがまず1勝!

札幌ドームで待つ日本ハムへの挑戦権を賭けたCSファーストステージがヤフオクドームで始まった。

ソフトバンクの先発は千賀滉大、ロッテの先発は涌井秀章。

初回、先頭の清田育宏が千賀の2球目をレフトテラス席へホームランを放つと4番デスパイネもライトへホームラン。ロッテが2点を先制する。

しかし、その裏ソフトバンクも内川聖一のタイムリーツーベースで1点を返す。そして3回裏に内川がソロホームランを放ち同点に追いつくと試合は膠着状態へ。

均衡が破れたのは8回裏。この回からマウンドに上った内竜也からヒットと四死球で無死満塁のチャンスを作ると今宮健太が2点タイムリー。4-2と勝ち越しに成功する。

9回は守護神サファテが登場。デスパイネにこの日2本目となるホームランを浴びたものの4-3で逃げ切りソフトバンクが勝利を収めた。

伊東勤監督は試合前に外国人がカギを握ると話した通りデスパイネが2本のホームランを放つ活躍を見せたが内が誤算だった。

【2016ドラフト球団別レポート】ソフトバンクのドラフト傾向と補強ポイントは?

こちらの記事も読まれています

新着記事