9月29日の一軍デビュー戦で三浦大輔(DenA)からプロ初打席初本塁打を放った廣岡大志(ヤクルト)が宮崎フェニックスリーグで2ランホームランを放った。

山田哲人や川端慎吾と言った主力はおらず若手中心で臨んでいるヤクルトはこの日広島と対戦。廣岡は7番サードでスタメンに入った。

0-12と一方的な試合展開となっていた7回表にランナーを一人置いて廣岡がレフトスタンドへホームラン。真中満監督も観戦しており廣岡の活躍に目を細めた。

試合は3-13と広島に大敗したが真中監督は秋季キャンプに廣岡を呼ぶと語った。

来シーズンに向けて廣岡の飛躍に期待したい。

<廣岡大志・今シーズン成績>
(一軍)2試合/打率.429/1本/3打点
(二軍)113試合/打率.218/10本/47打点

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事