掲載日: 文章:寄稿

中学軟式野球日本一・星稜中のエース!”寺沢孝多”【Players report】

8月に行われた第33回全日本少年軟式野球大会で見事9年ぶり3度目の優勝を飾った星稜中学のエース寺沢孝多君をご紹介しよう。

氏名:寺沢孝多(てらさわこうた)
守備:投手
投打:左投左打
所属:星稜中学

全日本少年軟式野球大会では1回戦から先発を務め決勝までチームを導いた。その武器はストレートとスライダーだ。現在の球速は130キロに満たないがスライダーとストレートでフォームが変わらずバッターは迷いが生じ打つことが出来ない。

左打者の胸元へのストレートと外に逃げるスライダーのコンビネーション、そして右打者への内角攻めと強気な投球ができるのが強みだ。

中学生レベルだとスピードがなくても圧倒できる寺沢くんの投球術。

準決勝まで連投だったこともあり決勝ではリリーフを任された寺沢君は6回から2イニングを投げパーフェクトピッチングで見事に胴上げ投手に輝いた。

172センチ60キロと小柄でまだまだ成長途上の寺沢君はそのまま星稜高校に進むことが見込まれる。現在、星稜高校は寺西健、清水力斗の2枚看板でチームを作っているが寺沢君が加入し3本目の柱となれば連戦が続く夏の甲子園でも心強い。

来夏の甲子園で寺沢君が登板する姿を心待ちにしたい。

▼関連動画

ジャイアンツカップ、4年ぶり2度目の優勝!湘南クラブボーイズに行ってきました!(前編)

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事