10月9日に秋季近畿大会奈良県予選決勝で今春の選抜覇者である智弁学園と先日引退し合いを行った番長こと三浦大輔(DeNA)の母校である高田商業が顔を合わせた。

高田商業は初回に3点を先制し試合を優位に進める。智弁学園もすぐさま初回に1点を返し3-1と高田商業が1点リードのまま試合は中盤戦へ。

6回に高田商業が1点を追加しリードを広げる。しかし、7回裏に2本のホームランで3点を奪い智弁学園は同点に追いつく。そして、8回裏にヒットとバントで2塁に進めたランナーを1年生の南峠友祐決勝打となるツーベースを放ち5-4と試合をひっくり返した。

9回表高田商業はヒットでランナーを出すも得点には至らず5-4で智弁学園が高田商業に勝利した。両校は10月22日から行われる近畿大会に出場する。

こちらの記事に関連するタグ

nextfield
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事