掲載日: 文章:寄稿

東大は14年ぶり勝ち点ならず!プロ注目の立大・田村が完封!

14年ぶりの勝ち点を目指す東大と優勝を目指し負けられない立大の第3戦が行われた。

立大の先発はプロ注目の田村伊知郎。田村は初回、2回にランナーを出すも無失点に切りぬけ味方の援護を待つ。

東大の先発はアンダースローの三木豪。初回、佐藤拓也にツーベースヒットを打たれるも4回まで1安打ピッチング。

5回裏、立教は田村のタイムリースリーベースで1点先制。6回裏には佐藤拓が史上32人目のリーグ戦通算100安打を達成し後続が犠牲フライで1点を追加。立大がリードを2点に広げる。

それまで好投を続けていた東大投手陣が8回裏、立大に捕まり4点を失い勝負あり。6-0で立大が東大に勝利した。東大は14年ぶりの勝ち点奪取ならず。

田村伊知郎は3安打完封勝利でドラフトに弾みをつけた。

▼関連動画
春季リーグの際の同カードゲーム。

神奈川大・浜口が13奪三振完投も敗戦投手に!

こちらの記事も読まれています

新着記事