掲載日: 文章:阿佐 智

野球でキャリアを築く:九州・大分にあるスポーツ専門学校を訪ねる

新しい競技継続の場

九州総合スポーツカレッジ 室内バッティング

 この野球部の最大の特徴は、専任の教員、コーチとして元プロ野球選手がついていることだ。この手のスポーツ専門学校では多くの場合、元プロがコーチングに参加しているが、ほとんどは臨時コーチ的なものにとどまる。しかし、ここでは、日本プロ野球OBクラブとのパートナーシップのもと、元南海ホークスの神田大輔、湯上谷竑志(ひろし)の両氏が、寮に入り、寝食を共にして選手の指導に当たっているのだ。

 今年から赴任した湯上谷氏はこう言う。
「野球だけではなく、社会に役立つ学力や挨拶、礼儀についても卒業するまでにしっかり指導するんだという理事長、校長先生の方針に共感することもあって、ここにやってきました。実際赴任してきて、そういう方針に対する協力も得ることができ、頑張れています。」

 とは言え、現実はなかなか厳しい。選手のほとんどは、高卒後に名門大学や実業団に進めなかった「非野球エリート」だ。高校野球の名門・星稜高校からプロの世界に入った湯上谷さんから見れば、彼らの練習姿勢に愕然とさせられることもしばしばだ。

 そんな彼らを2年で実業団チームと対等に渡りあえるものにすることが湯上谷さんのミッションだ。現在、専門学校のチームは社会人野球に属して諸大会に出場している。

 2年と言っても、2年生は前期が終わると就職活動に入るので、現実には1年半である。選手たちの大半の希望進路は大学への転学か実業団チームをもつ会社への就職である。そう考えると、都市対抗出場とまでは行かなくても、実業団に対抗できるだけの実力を持たせねば、その希望進路もかなえてやることは難しくなる。

 選手の中にはプロ志望の者もいる。現実には、ここから直接ドラフト指名されることは難しい。そこで学校は独立リーグの四国アイランドリーグplusと提携を結び、卒業の進路のひとつとして、プロへのステップアップを目指す独立リーグも提供している。

 実際のところ、彼らが自分の第一志望を叶えることは難しいだろう。だからこそ、学校は、セカンドキャリアを見据えたカリキュラムや人間教育に力を入れている。

 野球競技人口の減少が叫ばれ、社会人実業団という学卒後の受け皿が少なくなっている現在、「野球で飯を食う」という命題に競技を続けながら取り組むこのようなスポーツ専門学校は、野球の新しい競技の場と言えるのかもしれない。

プロ志望届を高校生3名、大学生2名が新たに提出

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事