ドラフト会議が目前に迫り各連盟の秋季リーグもドラフト候補である4年生に注目が集まっている。その中で2年生ながら侍ジャパン大学日本代表に選ばれた数少ない選手の一人である辰巳涼介をご紹介しよう。

氏名:辰巳涼介(たつみりょうすけ)
守備:外野手
投打:左投左打
所属:立命館大学
出身:杜高校

杜高校時代に甲子園出場経験はなく全国的には無名。同級生の平内祥太(関西大)の方が有名だった。

辰巳は立命館大に進学後1年春からレギュラーを掴む。1年春からいきなり打率.367をマークするなど期待されていた。1年秋も同様に打率.300をマークし2年を迎える。

2年春になると1年のときのように打つことが出来ず打率.263と急降下。しかし、1年の時からの活躍が認められ日米大学野球選手権で日本代表に選ばれたのだ。

日米大学野球選手権ではセンターを守り8打数3安打1本塁打1打点で打率.375をマークし存在をアピールした。

そして、代表から戻って戦っている秋季リーグでは開幕戦で3ランを放つなど4打数3安打4打点の大活躍を見せ代表での好調を維持している。

10月11日時点で30打数12安打2本塁打10打点、打率.400と1年時の打撃を取り戻したかのようだ。

ドラフトまでの2年間で辰巳はどのような成長曲線を描いてくれるのか楽しみである。

▼関連動画

辰巳選手の出場は0:58~頃

こちらの記事に関連するタグ

1011tatsumi
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事