雨天順延となっていた秋季東京都大会1回戦が行われた。注目は早稲田実業対日本学園の一戦だ。

9時開始で行われたこの一戦。早実は2回に集中打で一挙5点を先制。試合を優位に進める。3回にも1点を加えて6-0で迎えた4回の表に清宮は1死2、3塁からライトポール際へ弾丸ライナーのダメ押し3ランを放ち試合を決定づけた。

試合は早実が10-1で7回コールド勝ちを収めた。

この本塁打は高校通算72号となり高橋周平(東海大甲府/現中日)の71本を超えたことになる。高校通算最多本塁打は山本大貴(神港学園/現JR西日本)超えの期待もかかる。

1年後のドラフト会議までに清宮はあと何本の本塁打を積み上げるのだろうか。清宮の更なる成長に期待したい。

▼関連動画

こちらの記事に関連するタグ

IMGP5428
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事