マツダスタジアムで初めて開催されるCSファイナルシリーズ。
DeNAを迎えての第1戦はジョンソンとモスコーソの両外国人投手の先発で始まった。

先取点を奪ったのは広島だ。
3回裏に田中広輔が四球で出塁し菊池涼介が送り丸がタイムリーツーベース。
シーズン中と同じく広島の上位打線がうまく機能した。
2塁に丸佳浩を置いて4番新井貴浩もレフトへタイムリーヒット。
固定された上位打線はシーズン同様破壊力抜群だ。

2-0と広島が2点リードでゲームは進んでいく。

その後は7回表まで両チーム点が入らず膠着状態が続く。
しかし、7回裏にランナーを2塁において田中、菊池と連続タイムリーで4-0。
DeNAを一気に突き放す。

8回にも1点を加え5-0で広島が第1戦に勝利。投げては先発ジョンソンが被安打3の完封と圧巻の投球を見せた。

打つべき人がうち抑えるべき人が抑えて広島はアドバンテージ含めて2勝0敗とし俄然有利となった。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事