清宮世代に九州からの刺客!九州学院・村上宗隆【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

2015年夏の甲子園清宮フィーバーが巻きおこったその向こうでもう一人のスーパー1年生が静かに闘志を燃やしていた。

今回は清宮世代において九州のスーパー1年生だった男を紹介しよう。

氏名:村上宗隆(むらかみむねたか)
守備:捕手
投打:右投左打
所属:九州学院高校
出身:熊本東リトルシニア

2015年夏の甲子園予選は全国的に清宮幸太郎一色だった。小学生の頃から期待されていたスラッガー清宮の前にその他の選手はほんとうの意味で”その他”だった。

しかし、九州においては村上宗隆がその他から脱却し九州のスーパー1年生として話題になっていた。村上は入学早々4番一塁手でレギュラーを掴む。地方の弱小高校ではなく熊本の雄でもある九州学院高校でだ。

そして、夏の甲子園熊本予選初打席で満塁アーチを放ったのだ。夏の予選では清宮がホームランを放つ前に村上がホームランを放ったのだ。この一撃で全国的にも名が知られた村上は注目をあびるようになる。

しかし、清宮と同じく出場した夏の甲子園で村上は4打数0安打で呆気無く姿を消す事になる。清宮のような勝負強さは見せることができなかった。

2年生になってからは捕手となり扇の要としてチームを引っ張る。2年夏の甲子園予選では秀岳館高校に大敗し決勝で散った村上。

新チームになり秋季大会も準決勝で秀岳館に敗れ春の選抜は絶望的だ。
最後の夏に村上は甲子園に戻ってくることができるだろうか。

清宮と村上かつてのスーパー一年生同士の戦いを甲子園で見られることを期待したい。

こちらの記事に関連するタグ

1012murakami
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事