東京ドームにおいて名前がコールされるだけで場内が沸く男”鈴木尚広”が現役引退をする。

鈴木は責任あるポジションを任せてもらっている以上生半可な気持ちでは出来ないと引退を決意。

今シーズンの鈴木は10盗塁を決めており12年連続の二桁盗塁を成功させキャリア初の盗塁失敗が0。200盗塁以上の盗塁成功率も広瀬叔功を抜き1位となりまだまだ走る力は健在だったが悩みに悩んだ末の答えだった。

20年間の現役生活に別れを告げスパイクを脱ぐ。

CSファーストステージ第3戦での牽制死が鈴木にとってラストプレーとなった。

<鈴木尚広・通算成績>
1130試合/打率.265/10本/75打点/228盗塁/47盗塁死/盗塁成功率.829

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事