アドバンテージの1勝を含め広島が2勝0敗で迎えたCSファーストステージ第2戦は広島が野村祐輔、DeNAが三嶋一輝の先発で始まった。

先制点を奪ったのは今日も広島。

1回裏に田中広輔がツーベースヒットを放ち菊池涼介がしっかりと送ると3番丸佳浩がライトへタイムリーヒット。

昨日に続きタナキクマルで今日も先制点だ。

3回裏に広島は田中が死球で塁に出ると暴投で2塁に進み菊池が送り丸が犠牲フライをしっかりと決めタナキクマルが無安打で1点を追加した。

対するDeNAは野村の前に3回まで1人のランナーも出せず完ぺきに抑えられる。しかし、4回表にブラッド・エルドレッドのエラーを足がかりに二死満塁のチャンスを作る。しかし、倉本寿彦が初球をファーストゴロに打ち取られ無得点。

その後は両チーム無得点が続き試合は終盤戦へ。

8回裏にまたしても田中が今度はソロホームランで3-0とし試合を決めた。

これで広島はアドバンテージ含め3勝0敗。明日の先発は黒田博樹が予想される。リーグ優勝時と同じく黒田が決めることになるか。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事