オリックスの駐米スカウトに元ダイエーのバルデス氏!

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

今シーズン助っ人外国人の活躍がなく最下位に沈んだオリックスはメジャーリーグ、マイナーリーグ含めたアメリカのスカウトとしてペドロ・バルデス氏を起用する。

バルデス氏は2003年のダイエー優勝時のメンバーであり日本野球を熟知している。また日本球界だけでなくアメリカ、韓国、メキシコ、プエルトリコでもプレーの経験があり各国の事情に詳しい。

オリックスはこのバルデス氏を駐米スカウトとして新外国人獲得に心血を注ぐ。

また、オリックスOBでもありメジャーリーグで長年活躍した長谷川滋利氏にもアドバイザー就任を要請しており来シーズンの新外国人は期待できそうだ。

今年在籍した外国人で残留確定はブランドン・ディクソン1名のみ。ブレント・モレルも残留見込みだが確定には至っていない。

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事