掲載日: 文章:Clipee運営局

早実・清宮が73号、74号連発!早実快勝で2回戦突破!

春の選抜の重要な選考材料となる秋季東京大会2回戦でまたしても清宮幸太郎(早稲田実業)が本塁打を放った。

早稲田実業は日大一高との対戦で清宮は3番ファーストでスタメン出場。1回裏の第一打席はサードファールフライに倒れる。しかし、早実は日大一高のエラーで1点を先制する。

清宮の第2打席は3回裏に回ってきた。先頭打者として打席に向かったが初球を捉えきれずまたしてもサードファールフライ。

しかし、4回裏に回ってきた第3打席で同じことは繰り返さない。2死1塁の場面で清宮は初球を振りぬき打球はバックスクリーンへ吸い込まれた。1回戦の日本学園戦に続き2試合連続のホームランとなった。これで清宮は高校通算73本目。

第4打席は6回裏無死1、2塁でライトフライ。

第5打席は8回裏2死3塁で回ってきた。今度は4球目をライトへ2ランホームランだ。圧巻の74号ホームランは7-1とリードを6点とし試合を決定づけた。

この日の清宮は5打数2安打2本塁打4打点だった。

【試合結果】
早稲田実業7-1日大一

【秋季大会2016】秋季東北大会・大曲工、聖光学院、鶴岡東、角館が勝利!

こちらの記事も読まれています

新着記事