広島が1回に6点、DeNAも追いかけ2点差まで詰め寄る。

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

(セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ:広島-DeNA、15日、マツダスタジアム)
初回から広島に6点を許すも、DeNAは2回、3回に4点を返した。

初回から6点を奪われ苦しい状況のDeNAだが、二回には広島の鈴木が三塁へ悪送球、DeNAは守備の乱れを見逃さず、2点を返した。
続く三回では、梶谷が右越え2ランを放ち、一気に2点差に詰める。

梶谷は、10日の巨人戦で左手薬指を骨折したが、今日も強行出場。
前日に行われた第3戦では決死のダイビングキャッチを見せ、昨日に続きチームの中心として活躍している。

今日の試合を勝てば広島の日本シリーズ出場が決まる。
初回から苦しい展開のDeNAだが、最後まで諦めない姿勢を見せている。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事