(セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ:広島-DeNA、15日、マツダスタジアム)
3回にDeNA・梶谷の2ランで2点差まで追いつかれた広島だが、3回裏に菊池がセンター前に放ち、すぐさま1点を返す。
さらに5回にも田中が今シリーズ10安打目のヒットを放ち、貴重な1点を演出し、追いかけるDeNAを突き放した。

対するDeNAは、6回表に戸柱が広島・一岡のフォークをとらえて左中間を破るタイムリースリーベースヒットを放ち、1点を返す。
さらに蔵原がショートゴロで三塁の戸柱をホームへ返して再度2点差まで追いついた。

共に攻撃陣が活躍する第4戦、このまま広島は逃げ切れるか。
それともDeNAが一気に逆転するのか、終盤まで予想できない一戦だ。

こちらの記事に関連するタグ

広島東洋カープ
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

NPBに関する記事

お勧め記事

新着記事