掲載日: 文章:Clipee運営局

田中正義と生田目翼の投げ合いは田中に軍配!

ドラフトを5日後に控えた10月15日に注目の右腕が激突した。田中正義(創価大)と生田目翼(流通経大)だ。

今秋のリーグ戦が復帰明けとなりふたりとも本調子にはなっていないがドラフト前最後の登板の可能性もあり多くのファンやスカウトが県営大宮球場に詰めかけた。

田中は2回に1点、5回に2点を失うが9回を投げきり完投勝利。奪った三振は8つだった。この日の最速は153キロと自己最高には及ばなかったものの順調に復調気配を見せた。

一方、生田目は3回に2失点、5回、6回にも1失点し計4失点。もう少し時間がかかるかもしれない。

【試合結果】
創価大4-3流通経大

【注目選手】
田中正義(創価大)9回/3失点/8奪三振/2四球
生田目翼(流通経大)6回0/3/4失点(自責3)/3奪三振/5四死球

明治大学・柳裕也が延長12回20奪三振!

新着記事