インディアンス対ブルージェイズの第2戦は第1戦に続きロースコアな展開ろなった。

先制したのはインディアンス。2回裏先頭のカルロス・サンタナがレフトスタンドへホームランを放ち1-0。

しかし、3回表にブルージェイズはジョシュ・ドナルドソンのタイムリーツーベースで同点に追いつく。

インディアンスは3回裏に昨日のヒーローであるフランシス・コリンドーアがタイムリーですぐさま2-1とリードを奪う。

その後は両チームともに投手陣が快投を見せそのまま試合は2-1でインディアンスが勝利した。これで対戦成績をインディアンスは2勝0敗とし明後日からブルージェイズの本拠地であるロジャース・センターに戦いの場を移し第3戦を行う。

NLCS

前田健太が先発登板を果たしたカブス対ドジャースのNLCS第1戦。前田は初回にクリス・ブライアントのタイムリーツーベースで1点を失うと続く2回にもハビアー・バイエズのツーベースなどで2点を追加され3失点。

結局、前田は4回まで投げ5回の打席で代打を送られ降板となった。その前田の代打で出場したアンドレ・イーシアがホームランを放ちドジャースは1-3と2点差に詰め寄る。

8回表にドジャースは無死満塁か2点を奪い3-3の同点に追いつく。しかし、その裏カブスはミゲル・モンテロが満塁ホームランを放つなど5点を奪い8-3とし試合を決めた。9回にドジャースは1点を返すのが精一杯。8-4でカブスが勝利した。

【試合結果】
インディアンス2-1ブルージェイズ
カブス8-4ドジャース

【日本人選手】
前田健太:4回/3失点(自責3)/被安打4/3四球/2奪三振(66球)

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

ナショナル・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事