日本ハムの3勝2敗(アドバンテージの1勝含む)で迎えたCSファイナルステージ第5戦は日本ハムが加藤貴之、ソフトバンクが攝津正の先発で幕を開けた。

先制点は昨日に続いてソフトバンク。初回に松田宣浩の2試合連続となる3ランホームランなどで4点を先制。一気に試合の流れを引き込んだ。

対する日本ハムは2回裏に先頭の中田翔がレフトスタンド上段へ飛び込む反撃のホームランで1点を返す。

日本ハムは続く3回にも1点を加え2-4と2点ビハインドで迎えた4回裏に1死満塁のチャンスを作りキャッチャーの大野奨太のところへ代打岡大海。この代打起用がピタリとハマりフェンス直撃の2ベースで2者が返り同点。なおも1死2、3塁で中島卓也がスクイズを敢行。見事に決まり5-4と逆転に成功。

6回にも大谷翔平、中田翔、近藤健介の連打で2点を追加。7-4とし試合の流れを日本ハムに引き戻した。

その後は両チームともに中継ぎが踏ん張り試合は9回へ。

そして、9回の表のマウンドにはDH解除で大谷が上がる。札幌ドームは大歓声。自己最速の165キロを投げるなど圧巻の投球。2者連続三振を含む3者凡退に抑え大谷が胴上げ投手になった。

日本ハムが7-4でソフトバンクを下し日本シリーズ出場を決めた。

【試合結果】
日本ハム7-4ソフトバンク

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事