春の選抜甲子園を目指す上で重要な枠割を果たす秋季四国大会の組み合わせが10月18日に決定した。出場校は12校。

<出場校>
徳島:生光学園、鳴門渦潮、徳島北
香川:高松商、坂出、英明
愛媛:宇和島東、帝京第五、済美
高知:中村、明徳義塾、岡豊

<1回戦>
鳴門渦潮ー英明①
帝京第五ー岡豊②
明徳義塾ー徳島北③
坂出ー済美④

<準々決勝>
中村ー①の勝者
高松商ー②の勝者
宇和島東ー③の勝者
生光学園ー④の勝者

各県秋季大会優勝校は準々決勝からの登場となる。

40年ぶりの選抜出場を目指す中村は鳴門渦潮と英明の勝者と対戦となった。

秋季大会初出場の徳島北は甲子園の常連である明徳義塾と対戦する。

大会は10月22日より愛媛県で開催される。

こちらの記事に関連するタグ

koukousamp6
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事