今シーズン沸かせた広島だが、東京都内のホテルで会議後に「一番いい投手でいく。競合覚悟。スカウトがものが違うと言っている」と松田オーナーは名言した。
具体的に名前を上げることはなかったが、即戦力として期待できる大学生投手又は社会人の指名が有力になる。
明治大学の柳祐也投手や創価大学の田中正義投手などが1位候補として考えられる。

先日は、今シーズンも広島を引張てきた黒田投手の引退が発表され、黒田投手の穴を埋めることのできる投手を欲しているはずだ。
巨人・ロッテと創価大の田中指名を公言しており、1番いい投手となれば競合の上、田中の獲得に乗り出すことは十分に考えられる。

他球団と競合になった際は、緒方監督が抽選を引く予定になっている。
緒方監督は「神ってる」抽選を行うことはできるのだとうか。

ドラフト待ちの選手にとっても球団にとっても運命のドラフト会議は明日17:00に幕をあける。

こちらの記事に関連するタグ

広島東洋カープ2
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事