阪神は将来の大砲候補として明秀学園日立高の細川成也をリストアップしていることがわかった。

細川は投手としてこの夏の甲子園選手権茨城県大会を戦ってきたが阪神は野手として評価している。本人も高校生活引退後に野手として勝負したいと語っており本格的な野手転向に問題はない。

高校時代の3年間で甲子園への出場はなかったがチームメートの糸野雄星とともに注目されてきた。明秀学園日立高の監督である金沢成奉は以前に光星学院の監督も務めておりその時の教え子には坂本勇人(巨人)、北條史也(阪神)らがいる。

そして金沢監督は東北福祉大出身ということもあり阪神・金本知憲監督の先輩に当たる。

待望の長距離砲獲得へ阪神は細川を指名する。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事