毎年のように隠し玉が取り上げられる阪神だが今年もすでに数名が”隠し玉”として公開されている。

その1人が新日鉄住金広畑の森原康平だ。

森原は最速150キロを超えるストレートにスライダー、フォークを操り打たせて取る投球を心がける。

阪神はリリーフとしての起用を考えている。森原は今年の都市対抗野球でも日本新薬の補強選手として出場しリリーフとして1回無失点に抑えており適性も問題なさそうだ。

昨年までは注目を浴びる存在ではなかったが今年に入り下半身強化で球速がアップし一気にドラフト指名候補まで成長した。

阪神は上位で即戦力先発を獲得し内野手の補強も急務。森原の指名はドラフト中位以降が予想される。果たして”隠し玉”を指名できるだろうか。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事