20日に行われた2016プロ野球ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズに3位指名をされた九産大九産高の梅野雄吾は「プロでは短いイニングを投げたい。セーブホールドでいい数字を残したい」と救援志望であることを明かした!

甲子園出場は無いものの、九州の雄として注目された逸材であり、速球も最速154kmと救援投手に向いた速球派投手だ。
負けん気が強い性格もピンチの際に活躍を期待できる。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事