阪神からドラフト4位指名を受けた福岡大大濠高校の浜地真澄投手は会見で「うれしい。ホッとした感じもする。野球を始めたころからの夢だったプロ。やっとスタートラインに立てたと思う」と話した。

浜地選手は、最速146キロの速球を武器に、九州で名を馳せた投手としてその名を轟かせていた。
大きな目標を胸に、プロ野球生活での活躍を誓った!

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事