今年のドラフトでも波乱は起きた!
最速155キロの右腕の流通経済大の生田目翼投手や仙台六大学で最多安打記録を更新した松本桃太郎などが指名漏れした。

昨年は上位確実と言われていた、慶応大の谷田選手がまさかの指名もれした事は記憶に新しい。

かつてはあの古田敦也元監督もドラフトに漏れ、苦い思いをしている。

この経験を生かすも殺すも本人次第。
将来性豊かな両選手だけに、今回の悔しさをバネにして、2年後のドラフトでその名を呼ばれることを心待ちにしたい。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事