熊本八代から歓喜の声が上がった。
今年甲子園を沸かせた甲子園のスターがプロの舞台に立ったのだ。

秀岳館高校の九鬼隆平捕手と松尾大河内野手がプロ野球ドラフト会議で3位指名をそれぞれが受けた。九鬼はソフトバンク、松尾はDeNAの3位指名を得ている。

九鬼は、高校を代表する捕手であり、強肩強打でチームをけん引。「高校時代を過ごした九州のチームに入れるのはうれしい」と満面の笑みをこぼしていた。

松尾は、3拍子揃った超高校級の選手として活躍。
50メートル5.9秒の俊足を活かし松尾はDeNAのリードオフマンを目指す。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事