甲子園を沸かせた選手たちの入団はどこ?高校生総まとめ!

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

高校ビッグ3を始めとした高校生投手に大きな期待が掛けられた今回のドラフト会議。甲子園を沸かせた主な選手の進路をおさらいしよう。

<投手>
寺島成輝(履正社):ヤクルト1位
藤平尚真(横浜):楽天1位
今井達也(作新学院):西武1位
堀瑞輝(広島新庄):日本ハム1位
高橋昂也(花咲徳栄):広島2位
京山将弥(近江):DeNA4位
高山優希(大阪桐蔭):日本ハム5位
アドゥワ誠(松山聖陵):広島5位
高田萌生(創志学園):巨人5位
山口裕次郎(履正社):日本ハム6位

<捕手>
九鬼龍平(秀岳館):ソフトバンク3位
古賀優大(明徳義塾)ヤクルト5位

<内野手>
松尾大河(秀岳館):DeNA3位
岡崎大輔(花咲徳栄):オリックス3位

<外野手>
鈴木将平(静岡):西武4位

投手陣は軒並み高い評価を得ており注目されていた選手たちは2位以内に指名された。素材型と見られていた京山、高田などは中位から下位で指名されておりこちらも順当だったといえる。

野手では評価の高かった松尾、岡崎のショートはそろって3位で指名されポスト青木宣親(マリナーズ)と呼ばれた鈴木は4位で指名された。

高卒ということもあり花が開くには3年から4年はかかるだろう。まずはプロの身体を作り一軍昇格を目指して欲しい。

こちらの記事に関連するタグ

nextfield
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事