ベースボールファーストリーグ(BFL)をご存知だろうか。2013年まで運営されていた関西独立リーグ”通称カンドク(KANDOKU)”が達消えた後に設立された関西の独立リーグだ。

BFLは2014年からシーズンを開始した新しいリーグということもありドラフトで指名された選手はいなかった。

そのBFLから2名の選手が10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議で育成指名されたのだ。

<投手>
山川和大(兵庫ブルーサンダース):巨人育成3位

<内野手>
向谷拓巳(兵庫ブルーサンダース):楽天育成3位

山川は13試合に登板し4勝0敗、50回、71奪三振、防御率0.54と防御率1位、最多奪三振のタイトルを受賞。

向谷は36試合に出場し打率.373、1本、32打点、37盗塁で首位打者と盗塁王を受賞している。

まずは育成から支配下を目指して頑張って欲しい。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事