【春選抜2016】初出場の滋賀学園が粘る桐生第一を振り切り初勝利!

  • 掲載日:
  • 文章:朝倉尚

第3試合は、関東大会ベスト4の桐生第一と、近畿大会準優勝で選抜

初出場を果たした滋賀学園(滋賀)の試合。

好投手を擁する両チームだけに投手戦が予想される。先制点の行方が試合を左右しそうだ。

桐生第一の左腕エース内池は初回こそ2四球と固さが見られたものの、無失点でしのぐ。対する滋賀学園の2年生エース神村は万全の立ち上がり。

先制したのは滋賀学園。二回表、滋賀学園の打撃陣はコンパクトなスイングで3本のヒットを集めて一挙3点を挙げる。

滋賀学園はその後も内野の間を鋭い打球で抜くような当たりを連発し、4回にはさらに井川、後藤の連続適時打で2点を追加する。ここで

桐生第一は内池を諦め、右アンダースローの青木にスイッチ。
しかし、今度は守備陣に乱れが出る。ランナーの好走もあり、一気に2人が還り7-0。

さらに2点が加わり、ワンサイドゲームのまま終わるかに思われたが、7回裏の桐生第一の攻撃は3本のヒットに相手の悪送球、走塁妨害

が絡み3点を返す。さらに8回、変化球のキレが落ちてきた神村を捉え、2点を追加し、9ー5と4点差まで詰め寄り、最後の回に望みを繋ぐ。

そして迎えた9回裏の桐生第一、先頭の四番鏑木が左前安打で出塁するも後続を断ち切られ万事休す。

滋賀学園は甲子園で初の勝利をつかみ取った。

match03
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事