明治神宮大会への切符をかけて争われている九州大学野球選手権の準決勝第1試合北九州市立大対日本経済大の試合が行われた。

北九州市立大は1回裏に1点を先制すると先発の木谷飛翔が6回まで日本経済大を無失点に抑える好投。しかし、7回表に山崎隆司、8回表に張奕へソロホームランを浴び1-2となったところで無念の降板。

張はドラフト会議でオリックスの育成1位として指名されている。そして陽岱鋼(日本ハム)の従兄弟でもある。

試合は張のホームランで日本経済大が2-1とリードしたがその裏に北九州市立大が1点を返し2-2の同点。そのまま延長戦へ突入。

延長10回裏に北九州市立大は満塁のチャンスから相手の悪送球でサヨナラ勝ち。決勝進出を決めた。

【試合結果】
北九州市立大3x-2日本経済大

こちらの記事に関連するタグ

totoleg
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事