来春の選抜甲子園を目指し火花を散らす秋季関東大会が開幕した。

中央学院(千葉)と市川(山梨)の対戦は白熱した投手戦となった。
中央学院先発の大谷拓海、市川先発の内藤秀太共に6回まで無得点に抑える好投を見せる。

先制点を挙げたのは中央学院。7回裏に無死1、2塁から送りバント。そのバント処理を市川内野陣が誤り悪送球が絡んで2者生還となり2-0となった。

中央学院先発の大谷は8回終わってノーヒットピッチング。ノーヒットノーランの期待がかかった9回2死からヒットを許し大記録達成ならず。
大谷は後続を抑え2-0で中央学院が勝利した。

秋・春は投手の格言通り秋季関東大会1回戦から投手戦となった。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
市川 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
中央学院 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2

こちらの記事に関連するタグ

koukousamp6
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事