甲子園常連校の強豪同士の対戦となった第2試合。常総学院は多彩な変化球を操る左腕、鈴木を中心とした守備のチーム。対する鹿児島実業

は、昨秋のチーム打率が.362、5本塁打と打力が売りの対照的なチームだ。

先制したのは常総学院。初回から鹿児島実業の先発、丸山を攻めたてる。先頭の陶山がライト前への安打で出塁すると、すかさずバントで送る。
一死となるも四番宮里がタイムリーを放つ。そこから五番鈴木、六番中村と三連打でさらに1点を追加する。

鹿児島実業の反撃は4回表。一死二、三塁の好機を演出すると、六番井戸田貴也が前進守備の間を破る中前適時打、さらに七番追立が外角の球を今度は右前に運び、同点とした。

続く五回には、鹿児島実業の不動の四番、錦屋が右中間に運び、逆転に成功する。

6回表の鹿児島実業の攻撃。追立が大会第1号となる本塁打をレフトスタンドに放ちリードを2点とする。

リードを広げられた常総学院はその裏、二死ながら満塁のチャンスを作る。ここで鹿児島実業は先発の丸山から右アンダーハンドの谷村にス

イッチ。谷村は一打逆転のピンチに臆せず、テンポよく投げ込み、このピンチをしのぐ。

そのまま試合は進み、9回表の鹿児島実業の攻撃。四球と2つのバッテリーエラーで得たチャンスでスクイズを敢行。さらに1点を追加して

4点差とし、鹿児島実業が名門対決を制した。

match02
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事