【秋季関東大会】慶応が2本塁打を含む9得点でコールド勝ち。

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

10月23日、秋季関東大会は第二試合で、関東の名門校同士である神奈川代表の慶応と埼玉代表の花咲徳栄の一戦となった。

慶応は序盤から得点を積み重ね、3回には2番宮尾の2ランと4番正木智也のソロで3点を勝ち越した。
その後も、花咲徳栄のバッテリーミスなども含め9得点をあげた。
花咲徳栄は慶応エースの森田を攻略することができず、ヒット4本に抑えらる結果となった。

慶応は、次戦ベスト4をかけ、前橋育英と対戦する。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
花咲徳栄 0 0 1 0 0 0 0 × × 1
1 0 3 2 1 2 × × × 9

こちらの記事に関連するタグ

koukousamp1
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事