秋季近畿大会は本日2日目が開催され、第一試合では大阪代表の上宮太子が和歌山代表の高野山を下してベスト8に進出する結果となった。

第二試合では、大阪代表の履正社と兵庫代表の育英が対戦し、履正社が投打ともに育英を圧倒する試合となった。履正社は、初回打者一巡の猛攻をみせ、7安打7得点と初回から育英を畳み掛け育英に付け入る隙を与えなかった。

履正社は、次戦和歌山東とベスト4をかけ対戦する。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
育英 0 0 1 0 0 0 0 × × 1
履正社 7 0 0 0 0 0 × × 8

第三試合では、和歌山代表の和歌山東と奈良代表の高田商が対戦した。
高田商は初回、5番高鉾のレフトへの3ランで先制するも、2回に和歌山東の2番奥村の本塁打を含む猛攻で5点を許した。
試合はその後、両校追加点を加えて8-4となり、9回裏高田商の攻撃を迎えた。
5番高鉾からの連続安打でチャンスを作ると、犠飛・押し出し死球・失策で同点に追い付いつき、延長十三回にサヨナラ勝ちと劇的な試合となった。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 R
和歌山東 0 5 0 0 1 1 1 0 0 0 0 0 0 8
高田商 3 0 0 0 0 1 0 0 4 0 0 0 1 9

秋季近畿大会は本日の試合までで、6チームがベスト8進出を決めており、大阪代表(大阪桐蔭・上宮太子・履正社)の3校は全て勝ち残る結果となっている。

こちらの記事に関連するタグ

koukousamp6
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事