3勝2敗でカブスが王手をかけた状態で臨んだNLCS第6戦。

カブスはカイル・ヘンドリクス、ドジャースは中5日でエース左腕クレイトン・カーショーの両先発で始まった。

カブスは1回裏にドジャース守備陣のエラーなどで2点を奪い試合を優位に進める。

2回にもカブスは1点を追加。そして4回にはウイルソン・コントラレス、5回にはアンソニー・リゾのソロホームランで5-0としカーショーをこの回でマウンドからひきずりおろした。

カブス先発のヘンドリクスはドジャース打線を完璧に封じ8回途中まで無失点投球。8回に1死から1人ランナーを出したところで守護神アルディロス・チャップマンに交代。

チャップマンはゲッツーで見事に打ち取りいよいよカウントダウンが始まった。

9回表のマウンドに上ったのはもちろん続投のチャップマン。9回も無失点で抑え見事にカブスが勝利!

”ヤギの呪い”が溶け1945年以来71年ぶりにワールドシリーズへ進出した。

ワールドシリーズは1日本時間10月26日からインディアンスとカブスで行われる。

【試合結果】
ドジャース0-5カブス

こちらの記事に関連するタグ

シカゴ・カブス
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事