日本シリーズ第2戦は広島が野村、日本ハムが増井の両先発で始まった。
先制点を奪ったのは今日も広島だった。
2回裏1死から、エルドレットのレフトへの安打に続き、小窪のセンターへのタイムリーツーベースで1点を先制した。

日本ハムは4回裏にツーアウト1・2塁、大野のセカンドへの打球を名手菊池が後逸。その間に、ランナーが帰って同点に追いつく。

6回に試合は大きく動いた。
先頭の田中がツーベースで出塁すると、菊池のタイムリーで1点、丸のバントに対して増井の悪送球の間に1点、鈴木の犠牲フライで1点を追加し、とどめにエルドレットのソロホームランでこの回合計4点を奪った。

その後試合は大きな動きがないまま9回の日ハムの攻撃へ移っていった。
広島は守護神の中崎に変わったところを、中田、レアードと連打を浴び、ピンチを招く。
続く田中を三振に切ってとると、日ハムは最強の代打、大谷が打席に入るが、中崎の投げるキレのある内角のストレートに空を切り空振り三振。
続く岡もセカンドゴロに打ち取りゲームセット。

広島はこれで日本シリーズ2連勝となり、最高の形で第3戦の先発である黒田にバトンを渡すことができた。

【試合結果】
広島5-1日本ハム

こちらの記事に関連するタグ

nihonseries
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事