10月23日、東京六大学野球リーグ第7週第2日目で明治大学と立教大学が対戦し、明治大学が6-2で勝利した。
明治大学は2シーズン連続の39度目の優勝となった。

前日の試合で中日からドラフト1位指名をされている柳の好投もあり勝利していたが、この日は、ヤクルトから2位指名を受けている星の8回途中2失点という好投で勝利を手繰り寄せた。
明治大学はドラフト指名された選手がその実力を十分に発揮し、悲願のシーズン連続優勝となった。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
明治大学 0 2 0 0 0 2 0 1 1 6
立教大学 0 0 0 0 0 1 0 1 0 2

こちらの記事に関連するタグ

totoleg
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事