楽天・牧田が構想外!球団創設メンバー最後の男

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

牧田明久(34)が来シーズンの戦力構想から外れていることが明らかになった。牧田は2005年の楽天誕生時に近鉄から選手分配ドラフトで楽天に移籍。その後は守備の名手としてチームに貢献してきた。

2013年にチーム初の日本一に輝いた際も日本シリーズ第7戦でダメ押しのソロホームランを放つなど楽天ファンの記憶にも刻まれているはずだ。

今シーズンはオコエ瑠偉、島内宏明らの若手外野陣が躍進してきたこともあり16試合の出場に終わっていた。少ない試合出場の中でも打率は3割を超えるなど勝負強さを発揮していた。

今後は12球団合同トライアウトの受験含めて未定となっている。これで楽天は牧田が退団するとチーム創設時のメンバーが全員チームを去ることになる。

<牧田明久・今シーズン成績>
16試合/打率.355/0本/2打点

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事